三次元測定機とは|一台あると仕事が捗るようになる

男の人

対象物の3Dデータを取得

男の人と女の人

測定精度の高さが特徴

三次元測定機とはJIS規格で、互いに直行する案内と、案内の移動量を求めるスケール及びプローブをもち、それぞれの移動量からプローブの三次元座標を求めることができる機械とされています。つまり、測定対象物の3Dデータを取得することができます。三次元測定機の特徴は、測定データの精度の高さです。小さな測定対象物であれば、サブミクロン単位のレベルで測定精度を得ることができます。この特徴を活かすことで、例えば精密部品の生産ラインの寸法測定に用いると、部品寸法の公差などが測定可能となり、生産ラインの品質保証に繋がります。三次元測定機は、大きく分けて二つの測定方法があります。一つ目は接触型と呼ばれるもので、タッチプローブで測定対象に触れて三次元座標を取得します。二つ目は非接触型と呼ばれるもので、レーザー光を用いて三次元座標を取得します。現在においては、どちらの測定方法でも高い精度で測定することが可能です。精密部品などの測定を行う場合には、接触型使用による傷を嫌がるなどの理由で、非接触型の使用が広がっています。この非接触型を用いることで、車などの大きな測定対象でも測定が可能となります。従前の課題として、測定精度と測定時間はトレードオフの関係になります。しかしながら、最新の三次元測定機の測定スピードは目覚ましく向上しています。測定対象の大きさに応じて、必要な測定精度と測定時間を決定することで、最適な三次元測定機を選択することができます。